南阿蘇のココが素晴らしい!!

その弐  たみやのチラシ

南阿蘇にやってきて9年目。

謎の多い南阿蘇の中で特に異彩を放つチラシがある。

 

毎週水曜日になると必ず入る新聞の折り込みチラシ。

それがこの「たみやのチラシ」である。

 

「ナニコレ!?」 

 

左は2010年6月2日からのチラシである。

 

 

 

 

これは6月9日からのチラシである。

 

(画像は拡大できます)

当節ありえない手書きのちらし。

 

それだけではない。

まず字が汚い。線は適当。ひらがなとカタカナがごっちゃになった文字。そして解読不能な言葉の羅列。

 

しばらくすると解読できるようになるが、初心者には意味不明。

これでも最近分かりやすくなったほうだ。

 

 

 

たとえば

一番下の商品。お判りだろうか?

普通に読めば「紅 大 1268円」と読める。

 

しかしこれは「糸こんにゃく」を「糸コ」と省略しており

「糸コ 大 1コ68円」

と読まなければならない。

 

 

この「牛乳テイ1本98円」も難解であろう。

何のことかお判りだろうか。

 

これは牛乳低脂肪のことと思われる。 

 

このようなある意味いい加減でテキトーな表記で広告が構成されている。 

以前は暗号のような商品名がチラシに並んでいた。

その一部を紹介すると

 

チワワ・・チワワを売っているはずも無く、これはチクワの書き間違いである。

      いや書き間違いなどではなく、完全にわざととしか考えられない。

      最近はクレームでもあったのか「チクワ」と正しく表記されるよう

      になったことは誠に残念である。

 

ぶつ切り・・何のぶつ切りかが不明。しかし牛肉や豚肉、野菜のぶつ切りなど

      聞いたことが無いため、鶏肉と考えられる。店側はこれですべて 

      説明した気でいるようだ。    

      

赤まむC・・「赤まむし」ドリンクのことだと思うが、なぜオロナミンCの

       ような書き方をしているのかは不明。

 

シオサンマお一人30匹まで・・その気になれば4人家族で120匹買うことが 

      できる。120匹が冷蔵庫に入っている光景(頭がすべて手前を向

      いている)を想像してほしい。戦慄の光景であろう。

 

永りサトウ・・氷砂糖の間違いである。どうして誰もこの間違いを指摘しないの  

       だろうか。

      

また一時期このようなサービスもあった。

「1000円以上お買い上げのお客様にタマゴ1Pサービス。

 3000円以上お買い上げのお客様にタマゴ2Pサービス。

 5000円以上お買い上げのお客様にタマゴ3Pサービス。」

 

しかしこれでは

「1000円の買い物を5回するほうがお得じゃん」

と誰でも考える。店側も気づいたのか最近このサービスはなくなった。

 

 

これが「たみや」の外観である。

実は私たかどんはこのたみやで買い物をしたことが無い。

これだけチラシで愉しませてもらっているのに無礼な話である。 

 

今回取材を兼ねてはじめてここで買い物をすることにした。

 

 

所狭しと並べられた商品。

 

というか、この並べ方に「昭和」を感じるのは私だけではあるまい。 

 

(昭和40年代くらいか?) 

 

 

 

 

やはり「牛乳テイ」は「牛乳低脂肪」のことであった。

 

まぁ、今日は取材だし何か100円くらいのものでも買おうかと思っていたが、

おいしそうなにおいがする。

 

私の大好きな「から揚げ」だ。

 

そういえば今日は特売日であった。 

感想は

 

「意外とおいしかった!」

 

意外と言っては失礼。

それにしても

いまどき写真も無い、手書きのコピーのチラシで商売をしている食料品店など熊本、いや全国的にもココだけであろう。逆に言えばこれで商売が成り立つというところに南阿蘇の懐の深さを感じずにはいられない。

 

私の知り合いなど、南阿蘇のお土産にこの「たみやのチラシ」を持たせると聞いた。

 

ただ気になることがある。

チラシには「たみやガンバレ」の文字がある。

チラシでは「お客様応援セール」など買うお客にエールを送るのが通常だが、自分で自分の店にエールを送るところは私の知る限りココだけである。

近くに新しいスーパーが2軒もあることだし、やはり経営が大変なのだろうか?

 

これを機に「たみや」で買い物をすることで、このチラシの伝統を未来にわたって存続させなければならない。

 

もし高森町にお立ち寄りの際は是非この「たみや」をご利用いただきたい。

 

たみやへのアクセス

南阿蘇鉄道

高森駅を出てまっすぐ2~3分。